だんなさまはウェディングフォトグラファー

セルフ前撮り・ウェディングフォト・南国リゾート

そうだ、写真撮り直そう♪ 撮影用に使いたい格安ドレスの買い方・選び方

f:id:wtow623:20181130121520j:plain

・結婚式の写真が気に入らないから撮り直したい…
・衣装にお金はかけられないけど、ネットの格安ドレスってどうなの?

結婚式場で扱われているドレスは「何十万」「何百万」という値札が平気でぶらさがっていますが、そんなドレスに比べると明らかに安すぎるネットの格安ドレスたち…
お金がかからないのは魅力だけど、「失敗したくない」という気持ちから購入をためらってしまいますよね。

 「ネットにはとびきり良く見える商品写真を載せて、実際の品物はしょぼいんじゃないの?」というのも心配。

でもね、結論からいうと、撮影用に格安ウェディングドレスを使うのはとってもおすすめ!

お金をかけずにウェディングフォトを撮り直したい人は、ぜひ格安ドレスを使って撮影を楽しんでください。
 

この記事では、格安ウェディングドレスの失敗しない選び方をご紹介します。

 

 【目次】

格安ウェディングドレス 選び方のポイント3つ

全体の雰囲気で選ぶ

・写真には細かいところまで写りません!

まずは印象を重視して、全体のデザインが好きだな、と思ったものを選んでください。

格安ドレスは「レースの細工が美しい」とか「ビジューの飾りが繊細」とか、細かいディテールには期待しないほうがいいし、そういった部分はたいして写真には写りません。

モデルのスタイルの良さに惑わされないで

・商品写真はたいてい、加工されています!
商品写真を鵜呑みにして、「このドレスを着ると、ものすごく足が長く見えるんだな♪」と思って買うのは危険です。

それはモデルさんの足が長いか、画像編集で足ながに加工されています。

モデルのスタイルの良さに惑わされず、ご自分が着ているところをイメージしながらドレスを選んでくださいね。

サイズ表を必ず確認する

・普段着のサイズ感とドレスのサイズ感は違います!

多くの格安ウェディングドレスは、SSサイズからLLサイズなど、サイズ展開が豊富です。各サイズごとに着丈、ウェスト幅などを細かく明記しているサイトも多いです。

ドレスを買うときは必ずこれを確認して、必要ならメジャーで自分のウェストを測ってから、サイズを選んでくださいね。

「普段着はSサイズだからドレスもSで大丈夫でしょ」というのは失敗のもとです。
ウェディングドレスのサイズ感と普段着のサイズ感はぜんぜん違います。

わたしの普段着はMサイズですが、格安ウェディングドレスのMを着るとブカブカでした。

コツとしては、ジャストサイズもしくは少し小さめを選ぶのがおすすめです。

格安ウェディングドレスに共通する特徴

格安ウェディングドレスには、安いだけの理由があります。
私はこれまで1万円~2万円のドレス30着以上に触れてきましたが、共通する特徴があります。
購入してから「思っていたのと違った!」とがっかりしないように、以下の2点を知っておいてくださいね。

生地はペラペラ

商品写真のドレスがどんなにゴージャスに見えても、実際に届くドレスの生地はペラペラだと思ったほうがいいでしょう。
でも、ドレスを触ってみて生地の安っぽさにがっかりすることはありません。
だって、写真に撮ってしまえば十分にちゃんとして見えるのですから。

プリンセスラインなどボリューム感重視のドレスは、ドレスと合わせてパニエを使用すれば理想的なシルエットが作れますよ。

強度はない

格安ウェディングドレスはあんまり長持ちはしないです。
裏地が破れやすい、ほつれやすいなどの弱点がありますね。

ですが毎日着るものとは違うので、「撮影用」「イベント用」と割り切って、最低限の費用でウェディングドレスを楽しめるメリットを喜びましょう。

私が撮影で実際に使ったドレスたち

wedding.futatsuno-w.info

wedding.futatsuno-w.info

まとめ

・ドレス全体のデザインを見て好きなものを選ぶ
・生地の質、細かい部分にはこだわらない
・サイズを必ず確認する

・長持ちはしないと割り切る

以上を意識すれば、満足感のあるチョイスができますよ。

ウェディング撮影を楽しむのに、かける費用は関係ありません。
プチプラのドレスでコスパよく撮影を楽しみ、気に入った写真を手に入れている花嫁さんはたくさんいます。
ウェディング撮影は何回やったっていいんです。
あなたもぜひ、ご自分が好きになれる写真を撮ってくださいね。